実写映画 東京リベンジャーズ 感想ネタバレ 舞台挨拶生中継

実写映画 東京リベンジャーズ 感想ネタバレ 舞台挨拶生中継

実写映画 東京リベンジャーズ 感想ネタバレ 舞台挨拶生中継です。

Advertisement


見てきました。

登場人物

花垣武道 北村匠海

竜宮寺堅 ドラケン 山田裕貴(ゆうき)
佐野万次郎 マイキー 吉沢亮

三ツ谷隆 ミツヤ 眞栄田郷敦(ごうどん)
千堂敦 アッくん 磯村勇斗(はやと)

橘直人 杉野遥亮(ようすけ)
橘日向 ヒナ 今田美桜

清水将貴 キヨマサ 鈴木伸之

半間修二 ハンマ 清水尋也
稀咲鉄太 キサキ 間宮祥太朗

監督 英勉(はなぶさ つとむ)

Advertisement

あらすじと結末

27歳の花垣武道はフリーター。
いつもバイト先の人に怒られている。

ある日テレビで人生で唯一の彼女だった人とその弟が事故で亡くなったことを知る。

タケミチが駅のホームで電車を待っていると、何者かに押され、落ちてしまった。その瞬間、10年前の2010年にタイムリープしていた。

17歳の頃のタケミチは、高校でヤンキーをやっていた。

タケミチは東京卍會(まんじかい トーマン)という不良グループに所属しているキヨマサに目をつけられ、友人らと共に奴隷となってしまった。

その悲惨な生活から抜け出したく高校を中退し、うだつの上がらない生活になってしまったことを思い出したタケミチ。

Advertisement

当時の彼女、ヒナに会い、ヒナのことをとても好きだったことを思い出したタケミチ。公園で偶然、弟のナオトに出会い、未来でのことを話し、姉を救えと言い、握手をした。

その瞬間、タケミチは10年後の現代に戻っていた。

ホームから落ちたのを警察官になったナオトから救われていた。

そしてナオトはタケミチに姉は亡くなり、自分だけが生き残ったこと、タイムリープの仕組みを話した。

そして姉が事故に巻き込まれた原因である東京卍會を潰すため、頭である佐野稀咲の出会いを阻止してくれと頼んだ。

Advertisement

再び10年前に戻ったタケミチはマイキーこと佐野と親友のドラケンに気に入られ、友情を育んでいく。

ナオトからはマイキーの命を奪え、そうすれば姉を救えると言われたタケミチだったが、マイキーの人柄を信じ、マイキーを生かしながら未来を変える手立てを探っていく。

そして見事、未来を変え、ヒナを救うことができた

Advertisement

感想

ちょうどアニメを映画の終わりくらいまでのところまで見てて、原作はまだ読んでいないので続きがどうなるか知りません。

アニメにはほぼ忠実で、少し変更や短縮があったくらいでした。

ラスト、ヒナが生きているのでこれで未来は変わって救えたし、終わりなんじゃないかと思ったのですが、原作漫画と同じく続編予定のようです。

今作がヒットすれば続編があるということでしょう。舞台挨拶でも話してました。

Advertisement

キャラクターの見た目はかなり忠実で、そっくりでした。
ドラケンとミツヤが特にかっこいいなと思いました。

マイキーはかっこよくもあり、可愛かったです。
ドラケンの手術が成功して泣いてたところが泣けました。

アッくんが飛び降りるところも号泣でした。どら焼きの3秒ルール!とか笑えたし、まさに笑って泣ける映画でした。

プリクラがチャリで来たのオマージュなのも笑えました。

Advertisement

北村匠海さんは有名なのは知っていたのですが、出演作を見たことがなく、初めて拝見しましたがとても良かったです。普段はクールな印象があるのですが、タケミチよく合ってました。

舞台挨拶レポ

登壇者は登場人物の人みんなが来てくれました。
英監督は撮影が入ってしまって来られませんでした。

英監督、はなぶさって読むの知らなかったです。

司会者はフジテレビアナウンサーの山﨑夕貴アナでした。舞台挨拶はいつも知らない人が司会なことが多いので、有名な人が来たので驚きました。

舞台挨拶で役者の皆さんはファンからの質問などに答えてました。

エモかったシーンは?という質問にキャラクター視点で答えてました。

北村さんと山田さんに挟まれながら褒められて照れて笑ってた吉沢さんが可愛かったです。

山田さんが吉沢さん大好きな感じが、マイキーとドラケンみたいで良かったです。

Advertisement

吉沢さんのエモかったシーンは学校に乗り込んで不良たちを倒して、ドラケンが上着を拾って受け取ったシーンと話していて、あれは山田さんのアドリブで、ドラケンならそうするだろうと思ってうまくハマったそうです。

鈴木さんが悪役だからエモいシーンないって言ってて可哀想でしたが、キヨマサぴったりだったですしすごかったです。

間宮さんも言ってましたが眞栄田さんの衣裳が個性的で素敵でした。
皆さんそれぞれ個性がある衣裳で、衣裳を見るのも楽しかったです。

Advertisement

撮影現場は和やかで、NGもあまりなかったそうです。

伏線を張った状態の間宮さんと清水さんのためにも続編をやりたいと北村さんでした。

おわりに

殆どレポ書けてないですが、笑えて楽しかったです。特に山田さんが話すと何故か会場がシーンとなったり笑いが起きたりして可愛かったです。

山田さんは何となく天然な感じというかほんわかした雰囲気の方だなと思いました。可愛くてじっと見たくなるのでシーンとなるのも分かります(笑)

あっという間でした。続編期待してます♪

関係ないですが花垣武道ってスラダンの桜木花道を意識したのかなとふと思いました。

Advertisement


映画カテゴリの最新記事