アニメ『SLAM DUNK』スラムダンク 期間限定YouTube無料公開 伝説の26話、27話 感想

アニメ『SLAM DUNK』スラムダンク 期間限定YouTube無料公開 伝説の26話、27話 感想

アニメ『SLAM DUNK』スラムダンク 期間限定YouTube無料公開 伝説の26話、27話 感想です。

Advertisement

スラダンのアニメはテレビの再放送とかで見て、たぶんその後全話見たと思うのですが、すっかり内容忘れていて見直してます。
漫画も10年以上前に、完全版を全巻買って読んだんですが、手放してしまって。

ラストシーンは印象的で覚えてます。また読みたくなりました。

今配信中のアニメは、アマプラで見てYouTubeのコメント読んでます。
Amazonプライム・ビデオ

スラムダンクとは

1990年〜1996年少年ジャンプで連載されていた、バスケットボールをテーマにした漫画と、アニメです。
主人公はバスケ経験が全くない不良でしたが、好きな女の子を理由にバスケを始め、その魅力にのめり込んでいきます

アニメは1993年〜1996年まで放送されました。全101話です。

今年12月に新作映画が公開されます。

Advertisement

26話と27話のあらすじ

この2話の何が伝説かと言うと、安西先生三井寿の名台詞ですね。
スラダン知らない人でも知っているあのセリフです。

26話三井寿15歳の悩み」では、三井の中学時代が描かれています。

負けている試合で残り時間が少なく、もう無理だと諦めた時、安西先生に「最後まで、希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了だよ」と言われ、奮い立った三井は見事シュートを決め、逆転優勝します。

その出来事から三井は安西先生を尊敬、崇拝します。

そして、安西先生がいるという理由でMVPを取る実力がありながら、無名の湘北高校へと進学しました。

Advertisement

三井は高校の部活で仲間たちと試合をしている時に、膝の怪我をしてしまいます。

医者の言うことを聞かずに、完治しないうちに部活に参加し、膝をまた痛めてインターハイ(全国大会)に出られませんでした

そのことで心が折れた三井は、2年も不良として腐っていました。

Advertisement

27話バスケがしたいです!」もう、まんまですね(笑)
名台詞がタイトルになってます。

バスケに未練がある三井は、同じくバスケの才能がある宮城リョータに嫉妬し、暴力を振るいました。

その上、体育館まで行き、暴力沙汰を起こしてバスケ部を潰そうとまでします。

大会に出たい、バスケ部が大切な宮城はやめてくれと言いますが、不良仲間を何人も引き連れた三井と、桜木花道流川楓らが乱闘になります。

Advertisement

事情を知る同級生の木暮公延またバスケをやろうと誘いますが、三井は意地になって反発します。

そんな三井に木暮は「お前は何度、俺から夢を奪えば気が済むんだ!」と憤ります。夢とは、全国制覇のことです。かつては三井も意気込んでいました。

暴力沙汰がバレたら廃部になると、体育館のカーテンもドアも閉め切っていましたが、外から安西先生の開けてくださいという声がします。

Advertisement

鍵が開けられ、安西先生が体育館の中に入ってきました。
その姿を見た瞬間、これまでのことが走馬灯のように流れ、三井は泣き崩れ、「先生、安西先生。バスケが、したいです」とついに本音を言いました。

その後三井は、長かった髪を切り、バスケ部員として復活しました。

感想

ボロ泣きですね。前に見た時も、原作漫画でもそんなに響かなかったと思うのですけど、今見たら三井の感情がブワァーっ!と伝わってきて、ぼろぼろ泣いちゃいました(涙)

本当はバスケがしたいのに、2年も離れていて不良にまでなってしまって今更戻りたいと言えなくて。

でも恩師に会ったときに、中学時代に勇気を貰ったことを思い出して、高校でのつらかったことも迫ってきて、情けない姿を見せたことの恥ずかしさと縋りたい気持ちとか、色んな感情が一気に押し寄せたんだろうなと思いました。

Advertisement

安西先生の姿を認めたときに、三井の心臓の音がするんですよね。一番見られたくなかった人にぼろぼろの姿を見られて、ある意味、プライドや虚勢という壁がなくなって安堵したのかなとか。

ここでエンディングの「世界が終わるまでは」が流れるのがまた泣かせるんですよね(泣)

27話だけコメントが1000超えしてるのも分かります。熱いです。
みよくも思わず書かねばとなりました。

Advertisement

おわりに


昔から流川がかっこよくて好きなんですが、今は宮城も好きです。彩子が怪我させられた時に殴りに行ったのかっこよかったです。

さっき知ったのですが、読み切りでリョータと彩子の過去と思われる「ピアス」という話がありました。ロマンチックでした。

三井は昔から大人気なイメージあります。ハンサムですよね。声優の置鮎さんは当時20代ですが、今も変わらず素敵なお声をされてます。

新作映画では声優がどうなるのか注目されてますね。エヴァのようにオリジナルキャストのまま行くのでしょうか。

放送から30年近く経っていますので、アラカンの方もいて、もしかしたら高校生の役は難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、出来るだけオリジナルだと嬉しいなぁと思います。
変わっていたとしても観に行きます。大画面で花道たちを見れることに意味がありますから。

アニメ何話あったっけ?と思ったら100話以上もあって笑いました。それでも漫画の最後まではアニメ化されていないのですよね。

新作は最後の方を映像化したのかなど、詳細気になります。今週金曜日発売のムビチケ買う予定です♪
Amazonプライム・ビデオ

Advertisement


アニメ/ゲームカテゴリの最新記事