ミュージカル刀剣乱舞『幕末天狼傳再演2020』東京凱旋公演初日 生観劇感想レポ

ミュージカル刀剣乱舞『幕末天狼傳再演2020』東京凱旋公演初日 生観劇感想レポ

ミュージカル刀剣乱舞『幕末天狼傳再演2020』東京凱旋公演初日 生観劇感想レポです。

本日は快晴でとても綺麗な青空でした。

Advertisement

会場

東京ドームシティホールでした。

前の記事一枚だけ取れたというのはこの日でした。
他にも3日間応募していて、この日が当選しました。中止になった日程も含まれていたので、この日に選ばれたのは幸運でした。

席もアリーナでとてもいい席で見れました。

席は一席分ずつ感覚が空けられていて、余裕を持って座れました。隣の人に気遣わなくて座れるのは良いですが、寂しい気持ちもしました。

前列から2列目までの人がフェイスシールドをつけてました。

帰りに2列目、3列目の人は返却してくださいと呼びかけがあったので、1列目を空けて座っているのかもしれません。

会場でアナウンスがあるので、その辺りに座られる方はご注意ください。出演者も1部からフェイスシールドをつけていました。

Advertisement

開場は1時間前からで、余裕を持って入れます。30分ほど前に着きましたが、既にたくさんの人が着席していました。

入場してすぐに靴の裏の消毒マットがあり、手に消毒液をかけ、検温されます。そしてチケットのもぎりは自分でします。

感染症対策の様子を記録するため、会場内ロビーでもカメラが回されています。

お化粧室に並ぶときに回されていることに気付きました。徹底していますね。

有名人の色紙がありました。よく見てないですが、キン肉マンとAKBは分かりました。

出演者/あらすじ

初日の記事を参照してください。

Advertisement

日替わり

うろ覚えのところに⬜︎つけてます。
☆14日(土)ソワレ追記しました。

・宴会シーンでの兼さんのここで一句

雲の上 ゆけ
で倒れてしまいました。

そこで、蜂須賀虎徹が続きを考えました。

雲の上 ゆけば分かるぞ ふわっふわ

ゆけのところ、他の刀剣男士が言ってた通り、続きが気になるような言葉で秀逸だと思いました。本当は兼さんは何を詠もうとしてたのでしょう。

☆夏の空 あー(ここで兼さんぱたり)真っ暗だ 大変だ。

・2部ライブ前の新選組の前説

沖田総司がよっ!家出小僧!と言って、
土方歳三がふざけました。

⬜︎今日はどこへ行こうかなぁ

日替わりシーンでは会場のお客さんも笑ってました。

☆沖田 よっ!旅の達人!
土方 わしはなこの箱で一年間旅ができている。どうだー!こん中にはな、布団も入ってるんだ。
近藤 トシー!枕は?
土方 ばっちり入ってるわ。

・2部ライブで刀剣男士の前説

・兼さんかっこいい台詞を言う
⬜︎斬ってころすのはお手の物

・大和守安定はバク転 縦にバク転してました。すごいです。

・加州清光は体の一部の名前を言う
指を綺麗に動かして見せてくれました。

・蜂須賀虎徹と長曽祢虎徹は一緒にお礼で、前に出てきて本当にありがとうー!

☆兼さん ここ1番のオラァ!をやる。
加州清光から漠然としてるね、とツッコミ。

オラァ!と言って観客が拍手したのですが、ここ一番じゃないでしょ?と周りから言われてもう一度やり直しになりました(笑)

大和守安定はY字バランス
加州清光は主の心の中を当てるね。主が一番欲しいもの。えーっと。俺。
可愛いです。

虎徹兄弟は一緒に押して参る!

・2部の縄跳び判定は引き分けでした。

☆大和守安定が跳ばず、加州清光の勝ちでした。
跳ばないという選択があるとは!

Advertisement

感想

演者の熱量が高く、まるで千穐楽かのような気迫でした。

これまでに中止になってしまった公演への想いもあったのだと思います。
実際に兼さん役の有澤さん福岡と京都への想いも込めて、と前日のブログに書かれてました。

有澤さんだけでなく、出演者、スタッフ、関係者全ての人が、中止になってしまった開催地と楽しみにしていたファンの皆様への想いを込めて舞台を作り上げたと思います。

Advertisement

始まりの暗転するところから泣きそうになって、刀剣乱舞が流れてきたら堪えきれずに涙が溢れて止まりませんでした。

そしてその後も、大和守安定が沖田総司を守るシーン、長曽祢虎徹が近藤勇と対話するシーンなどでぼろぼろ泣きました。

他の観客も泣いているのが分かりました。グッズのハンカチ以外にもう一枚ハンカチを持っていってて良かったです。

マスクが濡れるので何度も顔を拭って大変でした。


蜂須賀虎徹
今回の部隊長。素晴らしい熱演でした。特に熱が伝わってきました。

兄である長曽祢虎徹のことを嫌いなのかと思いきや、ちゃんと尊敬しているんですよね。そして、すべて一人で抱え込もうとする兄に怒ってもいる。優しい刀剣男士なのだと思いました。


長曽祢虎徹
泣かされました。熱い漢です。
あれだけ蜂須賀虎徹に毛嫌いされる態度を取られながらも彼を助け、庇っていたのは蜂須賀虎徹の本当の想いに気付いていたからなのかなぁと思ったりします。


大和守安定
みんなかっこいいのですが、刀ミュの中で殺陣が最も好きな刀剣男士です。次点で巴形薙刀が好きです。
静かの海のパライソは見れてないので分かりません。ちなみに刀ステでは小烏丸が好きです。

見る人によると沖田総司の殺陣に似ているらしいです。
かっこいいんですよねとにかく。キレがあって。デンジャラスです。

Advertisement


加州清光
初めて生でお会い出来ました。さすがの存在感でした。
可愛い。そしてかっこいい

ドキッとする場面もありました。色気がありますね。

2部のソロで会場がペンライトで綺麗な赤になるのが好きです。


和泉守兼定
改めて見てもスタイルがとんでもなく良かったです。

蜂須賀虎徹を諭すシーンが好きです。

それと声が本当に好きで。歌声だけでなく、台詞の声がとても耳心地が良いのです。

先日、配信で読奏劇『負傷した線路と月』を見たのですが、その際に有澤さんが学生時代に国語の先生に声を褒められ、役者を目指すきっかけの一つになったとお話しされていたのですが、納得です。

卒業式でコンプレックスだった声を褒められたとのことでした。先生ありがとうです。

興味のある方はこちらのリンクから30日まで購入視聴できます。加州清光役の佐藤流司さんらも出演しています。


堀川国広
姿勢がいい。いつも堀川国広見ると思います。スッとして好青年な感じがします。

最後の全員集まったシーンで、階段で兼さんの隣に座って、兼さんが下に降りて座ったら追いかけてまた隣に座ったところが可愛かったです。

それと歌声の声量がすごくて、迫力があります。

Advertisement

近藤勇
なぜ刀剣男士たちが未来から来たのだと分かったのだろうと思いました。
それだけ人を見る目があったのか。貫禄があり、近藤勇とはこんな人だったのだろうと思わせます。

土方歳三
力強く凛々しい姿でした。
それでいて明るく笑えるシーンもあって、安心感をもたらしてくれる存在です。

沖田総司
儚い美しさが溢れてました。
倒れて目を瞑っているシーンではこのまま消えてしまうのではないかというほどでした。

近藤勇と土方歳三への敬慕の念が胸に迫ります。

Advertisement

配信の時にはよく見れてなかった衣裳の細かいところなどを発見できました。
沖田総司を近藤勇と土方歳三がお見舞いに行った時の着物に家紋があったり、隊服の背中の首のところにと文字があるのが見れました。

カーテンコール

今回のカテコでは、それぞれ刀剣男士がコロナや中止になってしまったこと、つらい現状について、言葉を贈ってくれました。


蜂須賀虎徹
立ち止まってしまったら、また立ち止まったところから進めばいい。主がそう言ってくれた気がして、俺たちは再び前に進むことができた。本当にありがとう。


長曽祢虎徹
俺たちは刀剣男士としてこれまで幾度となく困難を乗り越えてきた。だからこそ、つらいときは頼ってくれ。


和泉守兼定
見えない敵との戦いで困難もあるかもしれねぇが、こういう時こそだ、前を向いて行こうぜ。またなー!(大きく手を振ってくれました)


堀川国広
今は近くにいることさえ難しいけれど、だからこそ、こうして主さんの傍で戦えることを、これまで以上に大切にしたいと思っています。


大和守安定
2020年の出陣は、たくさんの当たり前じゃないことに気付かされました。(気付かされました、で少し噛んでしまって、気付いちゃった、僕が気付いちゃったね、と言ってました)
これからどんな試練が来ても乗り越えられるように鍛錬するから、主も一緒に頑張ろう。


加州清光
主、来てくれてありがとう。(拍手をして、客席と合わせました)
ちょっとお手入れが長引いちゃって、待たせちゃってごめん。
この時代は大変な時代みたいだけど、こうして主と会えてよかったよ。これからもよろしく。
じゃ、またね。

その後、一度はけた後にもう一度出てきて、さっきお手入れって言ったけど、お手入れがあるから。と言って去って行きました。

Advertisement

蜂須賀虎徹の挨拶が特にグッと来ました。気づかなかったのですが、涙ぐんで挨拶されていたそうです。あの気迫の理由が分かります。

おわりに

生で見て、演者の表情もよく見ることができ、より感動が増しました。宴会では手拍子が出来て楽しかったです。しくしくくれくれで笑う猫がより怖かったです。

ライブでは音の振動が座席にも響いて迫力満点でした。

ペンライトをいつも一本なのをもう一本持っていって、うちわも持って行きました。
客降りがなくなったのでうちわ所持率が下がっているようでしたが、舞台から見えると思ったので振りました。

客席が少なかったり、声援が出せない分、多くのペンライトやうちわは応援になると思います。

Advertisement

これまで刀ミュだけでなく数多の舞台公演が中止に追い込まれました。今もなお続いています。

こうやってたった1日でも生で観劇できたこと、本当に嬉しく思います。そして最後になりましたが公演再開、本当に、おめでとうございます

最後まで全員が無事に駆け抜けられること心より祈っています。大千穐楽は映画館で見守ります!
台湾の映画館でも同時生中継されるとのこと。楽しみですね。

関係ないですが中村佑介展気になりました。

初日感想
公演2日目感想 初演との違い

Advertisement


舞台/ミュージカルカテゴリの最新記事