上野の森美術館『ゴッホ展』2019-2020 最終日 感想レポ

上野の森美術館『ゴッホ展』2019-2020 最終日 感想レポ

上野の森美術館ゴッホ展を見てきました。最終日の感想レポです。

Advertisement


連日大盛況で、最終日である今日は110分の待ち時間でした。

まだ日が出ている時から並んだので、長く寒い思いをしなくて済みましたが夕方になってくると寒かったです。

中に入ると混んではいましたが間隔を開けて入場させているだけあって、意外と余裕を持って見れました。

Advertisement

感想

フィンセント・ファン・ゴッホ

27歳から画家を目指したという遅咲きの画家です。


この白薔薇の絵『薔薇』が綺麗でした。珍しくあの有名なひまわりの絵はありませんでした。

農民の絵から、鳥の巣の絵、花の絵、風景や木の絵へと移って行きました。

農民を好んで描いていたゴッホですがとあることがあり描かなくなりました。

そのとあることは書いてなかったので詳細は不明です。音声案内で説明されたのかもしれません。

Advertisement


ゴッホだけでなく、ゴッホが影響を受けたモネ、ルノワール、モンティセリなどの絵も飾られていました。

ゴッホだけだと思っていたので思わぬ収穫でした。

晩年、精神を病んでいたゴッホですが絵を描くことによって狂っているのならそれで良い前向きな気持ちでいたことが分かり、感銘を受けました。

Advertisement

グッズ


スヌーピーとコラボしてます。

チケットケースとスヌーピーのマスキングテープを買いました。
チケットケースの『糸杉』の月と空が綺麗で見る度に気分が良くなります。

糸杉についてゴッホは今まで描く人がいなかったことが信じられない!と魅力を語っています。

Advertisement

コラボメニュー

Soup Stock Tokyoでゴッホの玉葱のスープが販売されています。

『タマネギの皿のある静物』から。

オニオングラタンスープ風で酸味が効いてました。

Advertisement

おわりに

今回は初めて美術館に双眼鏡を持っていって見たのですが、目の前にはっきりと、細かいところまで絵を見れて感激しました。

これからは何の展示会にも持っていくと決めました。単眼鏡を持ってきている女性も見かけました。

軽くて良いのですよね。また購入するか迷いました。


長時間、外で並ぶのでやめようかとも思いましたが並んだ甲斐がありました。



Advertisement

展覧会/ストアカテゴリの最新記事