天然パーマにロクな奴はいない 銀魂 最終回 感想ネタバレ

天然パーマにロクな奴はいない 銀魂 最終回 感想ネタバレ

銀魂がついに最終回を迎えました。

連載15年でした。

Advertisement

まだ信じられないような気持ちです。

ずっと続いていくような気持ちでした。

第704訓 天然パーマにロクな奴はいない

ネタバレです。

最終回は虚を倒し、世界に平和が訪れ、江戸は東京になりました。

故障で眠りについていたタマが目覚め、その様子を見ています。

万事屋は相変わらずで、真選組も力を取り戻しました。
政治はそよ様が指揮しています。

キャバクラでバカ騒ぎをする面々

亡くなった高杉が赤ん坊として生まれ変わりました。

Advertisement

ラストは映像がタマの夢だったことが分かります。

まだ彼女は目覚めていません。

万事屋は「急用があるから帰ってくるまでに目覚めろよ」とタマに言いました。

急用を忘れてしまった万事屋。「何だっけ?」「何だっていいさ」

「何せ 俺たちゃ」

「万事屋だからな」

どこかへ走っていく銀時、神楽、新八。

おわり

Advertisement

楽しく、明るい終わり方でした。

銀魂を初めて読んだときは面白くて驚きました。

アニメも実写も面白かったです。

声優さん、俳優さん方が素晴らしい。

15年。あっという間でした。

ァアアアー!!など銀魂語が流行り、インターネットでかなり普及しました。

漫画、アニメ界に大きく影響を与えた作品だと思います。

空知先生、お疲れ様でした

Advertisement

8月2日(金)に最終第77巻が発売予定です。また同時に最後最大の公式キャラブック(ファンブック)『広侍苑(こうじえん)』が発売されます。



Advertisement


コミックカテゴリの最新記事