平成最後アニメどろろ第16話『しらぬいの巻』感想ネタバレ

平成最後アニメどろろ第16話『しらぬいの巻』感想ネタバレ

本日で平成最後の放送になる

アニメどろろ第16話『しらぬいの巻』感想ネタバレです。

Advertisement

ストーリー

どろろは背中の地図を見るためにイタチに攫われました。

背中に地図がないことを見せるために上半身を脱いで見せましたがイタチは納得せず、連れ去りました。

イタチはどろろの父、火袋が宝を隠していると思いましたが亡くなってしまったので、どろろとお自夜を当てにしていました。

お自夜のお墓を暴き、遺体から背中の地図を描きとりました。

どろろは怒りました。

イタチは侍の部下になりましたが、裏切られて捨て駒にされたため、再び野盗に戻ったのでした。

Advertisement

地図にある無情岬に行こうとしましたが、村には誰もいなく、船も壊れていました。

そこへしらぬいという右腕のない少年がやってきて、船に乗せてやると提案してきました。

どろろは警戒してイタチにやめておけと言いましたが、他に船がないとイタチたちは乗ってしまいます。

Advertisement

しらぬいは船ニ艘(そう)を二郎丸と三郎丸という鮫に引かせていました。

村人は野伏(のぶせり)にやられたと嘘をついていましたが、本当はすべて鮫の餌にしていました。

自分の片腕を鮫にやったところ、味を占めて人間しか食べなくなったと言います。

一艘は食べられてしまいました。

どろろとイタチの船は、一度に食べると鮫がお腹を壊すと言うので、夜ご飯にされました。

見張りの二郎丸を置いて、三郎丸としらぬいがいなくなった隙にどろろたちは二郎丸を倒しました。

Advertisement

どろろが囮になり、鮫が顔を出したところで一斉に剣を刺しました。

丘に上がったイタチたちは、二郎丸の亡骸を囮にしらぬいを誘き寄せ、しらぬいを袋叩きにしました。

命を奪おうとしましたがどろろに止められて捨て置きました。

しかしそれにより怒ったしらぬいが復讐に燃え、それに呼応した三郎丸の目が妖しく光ります

Advertisement

イタチはどろろの背中以外のところに地図があるかもしれないとどろろを丸裸にし、どろろの性別が分かりました。

そして焚火のせいなのかどろろの背中に地図が浮かび上がり、イタチは火を近づけて地図をすっかり見てしまいました

どろろは縄に縛られて置いてかれてしまいました。

そしてエンディングの後には片足を失いながらどろろを探す百鬼丸が登場

すれ違いのお坊さんから、腕や足を施してくださる人がいると聞きます。

そして寿海の姿が映し出されました。

ここで今回のお話は終わりです。

Advertisement

感想

子供とはいえ、男たちの前で丸裸にされたどろろが可哀想でした。

どろろに命を救われたのに恩はないのかと。

侍に裏切られ、「お頭の言う通りだった」と言っていたのに同じことを繰り返していると思いました。

墓を暴かなければ良かったと落ち込んでいるイタチの傷口に塩水をかけ、「痛いだろ、痛いってことは生きてるってことだ」と言うシーンがありました。

そこで「下を向くな、顔を上げろ!」と言うどろろに火袋の姿が重なりました。

どろろの激励によりイタチたちは勇気を取り戻したので、どろろの言葉は火袋の言葉のようなものです。

なのでイタチはまたお頭を裏切ったも同然です。どろろ背中の地図も火袋の意志を引き継いでいます。

酷い目に遭ったのに懲りないですね。

Advertisement

どろろ「下を向くな、顔を上げろ!」
??「立って歩け、前へ進め!」

某国家錬金術師が浮かびました。

鮫を倒すシーンは原作と同じでした。どろろの勇気はすごいです。

今週の妖怪は『二郎丸』でした。
次回第17話は『問答の巻』です。

百鬼丸と寿海が再会してました。それと、多宝丸が妖怪と戦ってました。

次回もお楽しみに☆
《平成アニメどろろはAmazonプライム・ビデオで見れます》

第15話はこちら
第17話はこちら




Advertisement


アニメ/ゲームカテゴリの最新記事