アニメどろろ 第4話『妖刀の巻』感想 ネタバレ

アニメどろろ 第4話『妖刀の巻』感想 ネタバレ

アニメどろろ 第4話 『妖刀の巻』感想ネタバレです。

Advertisement

妖刀、似蛭に取り憑かれた田之介が登場。

百鬼丸と戦った際に刀を落とし、それをどろろが拾ってしまい、今度はどろろが取り憑かれました。

田之介の妹、おすしちゃんも登場しました。お寿司。

どろろは完全には刀に飲まれてなく、意識があります。

これは旧アニメや原作と異なります。

砦の櫓(やぐら)を作った大工を内情を知っているから切れ、切らぬなら腹を切れと言われたので切りました。

錆びた刀。これも新アニメオリジナルです。

わざわざ錆びてる。切るほど切れ味が良くなると言っていましたが、最初に切られた人が可哀想です。

ついでに命令した殿も切りました。

Advertisement

百鬼丸はどろろの赤く光る刀を見てどろろを敵とみなし、襲いました。

しかし刀だけを飛ばし、どろろを救うためでした。

ここで、どろろのアニキ呼び。

ちょっと唐突で驚きました。



田之介を倒すと、百鬼丸の耳が元に戻りました。

おすしの泣く声が聞こえたことでしょう。

これは残酷な演出だと思いました。

表情には出さなくても、百鬼丸は心を痛めたんじゃないかと思います。

旧アニメや原作ではおすしが百鬼丸を恨み、罵りますがそのシーンはなかったので少し軽めに思えました。

Advertisement

そして、景光は百鬼丸を探していました。きっと亡き者にするため。

次回、第5話は『守子唄の巻 上』

百鬼丸の想い人、みおが遂に登場です。

今回の田之介も重かったですが、さらにみおにはつらい背景があります。

《現アニメどろろはAmazonプライムビデオで見れます》

第3話感想はこちら!
第5話はこちら!

全身医療脱毛美容クリニック

Advertisement




エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ
モデル達に絶賛!モデル達の脚を作ったコースです。


アニメ/ゲームカテゴリの最新記事