執事喫茶 バトラーズカフェ

執事喫茶 バトラーズカフェ


中は料理以外撮影禁止。

初の執事喫茶参戦レポートです。
バトラーズカフェは、外国人の執事たちがいて、プリンセスになれます。
今回はシンデレラタイム、というコースを注文。
突然バトラー2人組による寸劇が始まり、

姫はどこだ、と探し始めました。

Advertisement
他のお客さんたちに、シンデレラ?と聞いて回っていて、最後に私のところにきて、カクテル入りのガラスの靴を足元に合わせ、シンデレラ?と聞いてきました。

イエス、と言う他ないのですが、お一人様で行ったので恥ずかしいのなんの!他はみんな二人組とかだったので、若干泣きそうになりました(笑)

かろうじてカーテンがあったのでなんとか乗り切れました。ソファ席を選んでよかった汗

会話は全て英会話で、頭の悪い私は少し苦労しました。途中でバトラーが、聞いたことある?て日本語だしてきて、喋れるんかい!って突っ込みたくなりました(笑)
Advertisement

日本語を話せるのは日本人バトラーで案内、会計などを担当するカズさんと、料理人の日本人女性でした。

トイレをパウダールームと言わなくてはならず、行くのにもいちいちベルを鳴らします。

ベルを鳴らすと、イエス、マイプリンセス!とみんなが言ってくれます。

私はシンデレラだったので、イエス、マイシンデレラ!と言われました。
移動のたびに荷物を持ってくれるのですが、なんだかいたたまれない気持ちに。記念撮影はバトラーを最大3人までつけられて、1人につき、400円加算されます。
今回はジャンとアンソニーを指名。顔的にはジャンがイケメンでタイプでした。道明寺みたいに刈り上げてました。

お国を当てるゲームをして、ジャンがフランス、アンソニーがフィンランドでした。ムーミンはフィンランドだそうです。

テンプレートに決まっている遊びのようですが、ゆっくり喋ってくれて、英語が少しでも理解できると嬉しくなりました。
ジャンは腕を痛めているということで、アンソニーがお姫様抱っこをしてくれました。
下ろすときとかプルプルしてて、ごめんなさい、重いですよね?と心の中で謝罪(笑)

なんだかんだで5,000円くらいして、気軽にホイホイはこれないなーと思いました。

来月には8周年記念パーティーがあり、ハロウィン仮装で参加しなければならないそうです。コース料理付で3時間1万円。

なかなかのお値段。でもバトラーたちが勢ぞろいするそうで行ってみたい気持ちも。ただ、英語ができないからあんまり話に参加できなそうで足踏み。

しかもその日は運悪く仕事もありそうで。
あんまぁああーいケーキ、あまいカクテルにあまいミルクティーで、少しうぷ!てなりました。サラダ食べたくなった。
記念撮影が少しパンチラしてて、うぁああー!!て内心なりました。恥ずかしい!!

色んな意味でダメージを負いました(笑)

これだけのお金を払うなら、普通に英会話パーティーとか喫茶でもいいなぁとも思いましたが、仕事として対応されるのとは、また違うでしょうね。

昨日の深夜に予約メールをして、30分早い時間を設定され、前倒し!?て慌てましたが余裕でした。

まんだらけ見て時間つぶしたり。忠津陽子先生の漫画がありました。



しかし、ほんともっと英会話できるようになりたいなーと思います。何にも話せないんだもの。

エレベータ待ってるときとかジャンと一緒で嬉しかったですが、会話を提供できず(泣)

この前のイケメンから、もっとイケメンと触れ合いたい!と思い、思い出した執事喫茶。

スワロウテイルという、日本人男性の、いわゆる お帰りなさいませ、お嬢様。 喫茶をブクマしてたんですが、バトラーズカフェが気になり、急遽予約。
ありがとうございました!
サンキューベリマッチ!


グルメ/カフェカテゴリの最新記事