【年末】年越しそばの意味 由来 いつ食べるか

【年末】年越しそばの意味 由来 いつ食べるか

【年末】年越しそばの意味 由来 いつ食べるかです。

Advertisement

年末いかがお過ごしですか。

年越し蕎麦といえば、年末に食べる食べ物です。

その意味と由来を解説します。

Advertisement

意味と由来

いくつか意味と由来があります。

①細く長く伸びるので、寿命を伸ばす

②切れやすいので、これまでの悪い運や厄災を断ち切る

金銀細工師が金銀の粉を集める時、蕎麦粉を使用するので、金運を上げる

④蕎麦は健康に良いので寿命を伸ばすとされた。

⑤蕎麦の植物は雨風に強いため、健康祈願になった。

⑥鎌倉時代に承天寺(福岡・博多)が、年を越すことが出来ない町人に世直しそばとしてそば餅を振る舞ったところ、翌年から運が良くなったため、「運そば」「福そば」として呼ばれるようになった。

いつ食べるか

年越しなので、12月31日の年内に食べましょう。
時間に指定はありませんが、意味と由来にもあったように、過去の厄災を断ち切る意味があるので、31日中に食べることをお勧めします。

Advertisement

おわりに

あくまでゲン担ぎのようなものなので、31日を過ぎてしまってもあまり気にせず、美味しく食べられるのが一番だと思います。

皆さま、良いお年を!

おせちの意味の記事

Advertisement


お役立ち情報カテゴリの最新記事