絵本 しりっぽおばけ

絵本 しりっぽおばけ

しりっぽおばけ

猟犬を連れたおじいさんが狩りをし、化け物のしっぽを手に入れて鍋で煮て食べるのですが、夜中にそのおばけが「しっぽをかえせ」とおじいさんのところへやってきてしまします。

そして、衝撃の結末が。

Advertisement

子供の頃に読み、とても衝撃を受けてずっと心に残っていました。
当時は黒くて暗い表紙でしたが、新装版では明るめの表紙絵となっています。


こっちは明るい方ですね。

恐ろしいという気持ちと、鍋でぐつぐつ似ているしっぽが美味しそうと思っていました。

おじいさんが寝ているときの鼻の大きさもよく覚えています。

著者はジョアンナ・ガルドン、イラストはポール・ガルドンで、親子です。

大人が読んでもゾッとするので、子供だととても怖いでしょう。

イラストが雰囲気を出してます。

Advertisement




小説/童話カテゴリの最新記事