高麗駅 曼珠沙華 彼岸花

高麗駅 曼珠沙華 彼岸花
ちょっと遠出して、高麗まで行ってきました。
池袋でも、乗換の飯能でもPRしてましたが、曼珠沙華畑に行ってきました。
曼珠沙華は彼岸花、リコリスとも言います。呼び名が複数あるのは面白いですね。
呼び方は彼岸花が一番好きです。
{8BE98986-6303-40E4-8BD1-D6BEFAF01C36:01}

赤い絨毯。と歩いてる人も言ってました。

歩いてく人がいたのでついていきました。
もう結構枯れてて、一週間早めて良かったと思いました。何故か道側が特に枯れてました。
{DA4A3DF6-8F9E-4B9C-9F60-8A9F8063CFA3:01}
500万本だそうです。
{6ED9F55D-EAF2-4620-BB2F-E7636E6F1D61:01}
行き道には出店があり、公園を抜けると出店が集まっている広場がありました。座るところもあります。
そこでは猿回しがやっていて、可愛かったです。
{19D5C5EA-A2E2-4F8D-BF9F-242582179B06:01}
500円以上のご祝儀?を渡すと、ポストカードが貰えました。
出店では、最近無償に食べたかった栗を買いました。7個300円だったのですが、倍近く入れてくれました。
{55A28952-FA1B-40E7-AEE2-1CE1DEDFBB88:01}
アイスの木のスプーンみたいのをつけてくれて、割れ目があったので簡単に食べれました。
日高市産だそうです。そういえば、行き道に栗の木ありました。
甘栗とか食べたくても、コンビニには中国産しかなくて、手を出せないでいました。
甘栗ではないけど、素朴で美味しい。
{4D9CB7C1-212A-4445-B1D7-7E6D9ADCAF5C:01}
ろくだいばし
と読みます。
橋の向こうにはお洒落なカフェもありました。
ピッツァが美味しそうでしたが2人前からだったのと、もう夕方だったのでやめました。
ざっと見て回って、1時間くらいでした。17時までフェスはやってるとのことで、16時に着いたので終わりの方ですね。
素通りしようかと思いましたが、気になったので、高麗神社へ。
すぐそこかと思いきや、結構歩く!
40分は歩きました。
歩道が狭く、危なかったです。

この先この先て、いつ着くねん!て感じでした。
暮れてきていて白い月も登っていたのでなんだか怖くなりました。
しかも5時まででした!て思ったらこれは高麗神社ではなかった。犬の散歩をしていたマダムに聞いたら、まだ先とのこと。タクシー!
すぐそこ、と言われたので、頑張って行くことに。道を間違えそうになりましたが、マダムが止めてくれました。

エルセーヌ

17時半に鐘がなり、遠くの方でまた違う鐘が、ゴーン、と鳴っていました。
人はチラホラ。おみくじを期待していましたが、ありませんでした。
写真だけ撮って退散。
{F279E829-68BE-44F2-AD8F-B8FA0DCE3558:01}
{794B1311-33FE-4865-BE55-4C73372F641B:01}
{1CD65199-7106-40AE-A845-10A4B008975A:01}
{C2AA0307-504C-4082-B6EF-FFD6DDBBA33B:01}
Advertisement
{C1A0B4F0-77F3-4625-8412-EC9634A8ED3D:01}
{19523AC3-E8CB-41D3-89D1-E647F89C53FF:01}

高麗神社ではない方。↓

{3BAAEB44-B4FE-4EFC-925C-7F89DDA9EC31:01}
行きは良い良い帰りは怖い。
明かりもほとんどなく、暗いなかをめっちゃ早歩きしました(笑)
暗くて行きは見えた矢印も見えず。しかし運良く駅に向かっている人に遭遇したので、着いていきました。
ようやく駅に着きましたが、20分以上電車を待つことに!ベンチに座れたので良かったですが、もう、田舎に行くときは午前中から動こう。と思いました。
Advertisement
そして、16時には帰る!
お腹空きました。
お洒落なカフェは、夜になるとより橙の灯りが漏れてお洒落でした。ジブリに出てきそうな。見た目はペンションみたいでした。
地元に着いたら、なんか食べよう!
Advertisement




旅行/その他カテゴリの最新記事