舞台 刀剣乱舞『義伝 暁の独眼竜』感想ネタバレ

舞台 刀剣乱舞『義伝 暁の独眼竜』感想ネタバレ

舞台 刀剣乱舞『義伝 暁の独眼竜』感想ネタバレです。

Advertisement

配信で見ました。

公演期間

2017年6月〜7月

出演キャスト

三日月宗近 鈴木拡樹
山姥切国広 荒牧慶彦
鶴丸国永 健人
大倶利伽羅 猪野広樹
燭台切光忠 東啓介
太鼓鐘貞宗 橋本祥平
小夜左文字 納谷健
歌仙兼定 和田琢磨

伊達政宗(仮名 藤次郎 異名 独眼竜)
富田翔

細川忠興
(ただおき:細川ガラシャの夫 仮名 与一郎)
早乙女じょうじ

片倉景綱(かげつな:伊達政宗の近侍)
高松潤

※仮名(けみょう)とは
諱(いみな:本名の下の名前 伊達政宗であれば政宗を指す)を呼ぶことを避けるため、通称として使われていた名前です。

豆知識
燭台切光忠 伊達政宗の刀。後に徳川家へ。
大倶利伽羅 伊達政宗の刀。
歌仙兼定 細川忠興の刀。

あらすじ

慶長5年
関ヶ原の戦いから始まります。

関ヶ原の戦いは石田三成と徳川家康の戦いで、徳川家康が勝利し、徳川の天下が始まりました。

天下分け目の戦いとも呼ばれます。

名だたる才物がいたので伊達政宗は天下を取れていません

Advertisement

刀剣男士たちは家康暗殺部隊と戦いました。

しかしそこへ、本来なら関ヶ原にいない筈の伊達藤次郎政宗が登場。

藤次郎は与一郎に天下を取らないかと持ちかけます。与一郎は拒否します。

藤次郎は織田信長が大好きで、豊臣秀吉のことはよく思っていません。

Advertisement

歌仙は伊達家と細川家の繋がりを語ります。

細川宗孝(細川家の当主)が人違いで天誅されました。

伊達宗村(伊達家の当主)がその場に居合わせ、知恵を働かせて窮地を救いました。

両家には絆があります。

Advertisement

藤次郎は天下人になる夢を捨てられず、与一郎と喧嘩しました。

そして時間遡行軍に魅入られてしまいます。

与一郎とも決別します。

時間遡行軍と刀剣男士たちが戦い、藤次郎と景綱が戦います。

二人は和解できましたが、鶴丸が時間遡行軍(黒甲冑)に取り憑かれてしまいました。

目が覚めた藤次郎も刀剣男士と共に黒鶴丸と戦います。

Advertisement

戦いに勝ち、歴史は守られました。鶴丸も元通りです。

そして藤次郎が亡くなる間際の歴史へ飛びます。

床に臥せっていた藤次郎の元へ与一郎が来て、戦いを挑みます。

与一郎は藤次郎を看取りました。

Advertisement

修行に出る小夜左文字に三日月宗近はどんぐりを渡しました。

寂しくなったらこれを見て本丸を思い出せと。

三日月宗近はこの本丸は強くなる。
もし叶うなら見届けたい
と語りました。

感想

本筋の話とは別で小夜左文字の苦悶のストーリーが含まれています。

・オープニングで刀剣男士たちの紋が一人一人出るのと、キャラクター名の他に役者名が画面に表示されるのがいいなと思いました。

太鼓鐘貞宗の声がそっくりでした。

・伊達政宗の顔が好き。黒い鎧がかっこいい。

ずんだ餅光忠クッキング

鶴丸と三日月はライバルのような関係?

・小夜左文字の元の主の話が悲惨

・遠足(慶長4年)でどんぐり拾い
まさかこのどんぐりがあの話へ繋がるとは

・近侍であることに悩む山姥切国広が三日月宗近に近侍を代わってくれと相談したシーンで、三日月宗近が怒ったように見えて怖かったです。

先生と生徒みたいだなと思いました。クソジジィ発言にも驚きました(笑)

・脱いだ!!

・黒い鶴丸もいいなと思いました。メッシュがかっこいいです。

Advertisement

・刀ステの曲は幻想的な雰囲気があってかっこいいと思いました。あと下からのアングルがいいですね。

光忠ラーメン食べたい 鯛出汁

・三日月宗近の舞が美しい。

・最後の番傘がやっぱり好きです。今回は黒地に金文字の特別仕様でした。

・カテコでは役者の一人一人の想いが聞けて、より感動が深まりました。英会話教室。

Advertisement

おわりに

三日月宗近の存在感が凄まじいです。
鈴木拡樹さんの演技力は異次元ですね。

刀ステは続き物になっていて、単体でも楽しめるけど初めから見るとより楽しめると分かりました。

追記
与一郎が藤次郎を看取るシーンでの片倉は幽霊だそうです。
そしてまた三日月宗近だけがエンディングの番傘を逆回しにしています。

虚伝の感想記事


舞台『刀剣乱舞』蔵出し映像集 ―義伝 暁の独眼竜/ジョ伝 三つら星刀語り 篇― [Blu-ray] (法人特典無し)



Advertisement

舞台/ミュージカルカテゴリの最新記事