舞台『鬼滅の刃』キメステ初演 大千穐楽ライビュ 感想ネタバレレポ

舞台『鬼滅の刃』キメステ初演 大千穐楽ライビュ 感想ネタバレレポ

舞台『鬼滅の刃』キメステ初演 大千穐楽ライビュ 感想ネタバレレポです。

Advertisement

公演期間の終わりが近付き、生で見たいと思ったのですがキャンセル待ちチケットの抽選が外れてしまったので、ライビュを見ることにしました。

直前までDMMの配信を見るつもりだったのですが映画館の当日券が発売されていると知り、急遽購入して観劇しました。

映画館でもグッズが販売されていました。

Advertisement

30分ほど前に行き、最初はブレスレットがあったのですがあっという間に人が増え、グッズを眺めてどうしようかと考えているうちに無くなってしまいました。

クリアファイルと缶バッチ、パンフレットは買えました。

チケットを見せないとグッズが買えないようになってました。

冨岡義勇鬼無辻無惨でした。

宿敵じゃないですか。

ビジュアルも殆どちゃんと見ずにぶっつけで観劇したのでクリアファイルの冨岡義勇のかっこよさにドッキリしました(笑)

Advertisement

登場人物/キャスト

竈門炭治郎(かまど たんじろう)
小林亮太

主人公。鬼に家族を惨さつされた。仇敵を倒すため、妹を人間に戻すために鬼と戦う。

カテコでは炭治郎のような優しいお人柄でした。

竈門禰豆子(ねずこ)
髙石あかり

炭治郎の妹で家族の中で唯一の生き残り。
鬼になった。

顔や仕草がとても可愛かったです。

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)
植田圭輔

仲間。眠ると強くなる。

植田さんはアニメどろろのイベントの時に告知で初めて拝見しました。

善逸目当てで行きましたが期待通りでした。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)
佐藤祐吾

仲間。猪の皮を被っている二刀流。

漫画から出てきたかのような完璧な伊之助でした。

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)
本田礼生

仲間。炭治郎の先輩。

イケメンで目を見張りました。笑止!千万!

鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)
高木トモユキ

仲間。炭治郎の師匠。

高木さんはミュージカル刀剣乱舞の『幕末天狼傳』『むすはじ』では土方歳三役、新浄瑠璃百鬼丸では醍醐景光役を演じてました。

鱗滝も漫画から出てきたようでした。

珠世
舞羽美海

仲間。鬼で医師。鬼について研究している。

宝塚っぽい人出てきたなと思ったら本当に宝塚出身の方でした。
宝塚の方は佇まいに出ますね。雪組トップ娘役というすごい方です。

愈史郎(ゆしろう)
佐藤永典

珠世の助手。珠世によって鬼になった。

美青年が出てきたので驚きました。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)
佐々木喜英

敵。鬼を生み出した。鬼たちを統治している。

佐々木さんは舞台刀剣乱舞『燃ゆる本能寺』で宗三左文字を演じていました。
まるで主役かのような存在感でした。歌が上手いです。

他、鬼や案内人など。

Advertisement

ストーリー

ほぼ原作通りです。

主人公の炭治郎が鬼と冨岡義勇に出会い、修行、鬼さつ隊への入隊、鬼舞辻無惨との遭遇、珠代、愈史郎らとの出会い、
我妻善逸と嘴平伊之助の仲間になって共に旅立つところまでが描かれます。

Advertisement

アドリブ

鱗滝と鍛冶屋のアドリブがありました。

炭治郎が隊服に着替えている間に、場を繋ぐために鍛冶屋がお話をしてました。

感想

舞台 鬼滅の刃は今作が初のため、初演とタイトルにつけました。

ジャンプ作品を2.5次元化するのはとても難しいことなのだろうと幽ステこと舞台『幽☆遊☆白書』もそうですし、今回も思いました。

難しい中でも鬼の退治など、映像も駆使しながらよく表現していました。

炭治郎が浮き上がる場面は凄かったです。

主要人物以外のアンサンブルもよく歌うので、ミュージカル色が強い舞台でした。

雰囲気は劇団四季に近いです。

戦いの際に黒子が背中を支えたり、バク転を手伝ったりしていてアクロバティックでした。

Advertisement

登場人物の項目でも書きましたが無惨の存在感が強く、主人公を食ってしまうかのような勢いでした。

それだけ強大な敵を大勢の人間たちが倒そうとする壮大な物語だと思いました。

伊之助と善逸の完成度が高く、声も似ていました。鱗滝もそっくりでした!

善逸が出ているシーンではよく笑いが起こっていて愛されキャラなのが分かりました。

善逸が極度の恐怖と責任感で失神するシーンでは漫画のような説明文が画面に出てきたのが面白かったです。

Advertisement

先述のように善逸が好きで観に行ったのですが、とても可愛くてかっこよく、歌も上手くて楽しめました。
刀剣乱舞の兼さんの時に書いたかと思いますが、羽織が刀で上がっている姿が好みでして、善逸もそうなっていたのが嬉しかったです。

客降りは炭治郎と禰豆子、敵の二人が降りてました。

舞台になることによって、より臨場感が出て、感動も大きくなり、序盤の炭治郎と家族の別れなどで涙がこみ上げました。

鬼もアニメや漫画よりも恐ろしく、こんな化け物を目の前にして戦う鬼さつ隊の勇敢さに感服しました。

Advertisement

カテコ

アンサンブル含めて挨拶ありましたが覚えている限りで一部抜粋します。

伊之助役 佐藤さん

なんで笑うんですか!
伊之助らしいのでこのまま(被り物を被ったまま)やります。
映画館で見てるじいちゃんばあちゃんが孫だと分かるかどうか。
なんで笑うんですか!

善逸役 植田さん

汚い高音を皆さんにお届けすることになり。
喉が持つかと思いましたが、あと100回はできそうです。
次の未来に繋げられたらと思います。これからも応援をよろしくお願いします。
ありがとうございました。

禰豆子役 髙石さん

私には実際に兄がいて、兄も私も鬼滅の刃が好きで、役が決まった時は泣いて喜びました。
出演できて良かったです。

炭治郎役 小林さん

劇場、ライブビューイング、配信含め、観に来てくださりありがとうございます。
圭輔くんじゃないですが、どこかの未来に繋げられたらと思っています。
応援をよろしくお願いします。
ありがとうございました。

Advertisement

スタオベでダブルコールもあり、最後には禰豆子と炭治郎の二人が出てきて、禰豆子が先に去るのを炭治郎が禰豆子〜と言うのが可愛らしかったです。

Advertisement

パンフレット

鬼滅の刃の好きなところ、キャラクターとの共通点、来場されるお客様へ一言のQ&Aが載ってました。

おわりに

見れて良かったです。

善逸役の植田さんがカテコになると男前度が2段階くらい上がってドキドキでした。

立ち去る後ろ姿までかっこいい。

大盛況のうちに幕を下ろしました。
またいつかの未来で会えますように

【Amazon.co.jp限定】舞台「鬼滅の刃」(オリジナル特典:「アザーカットブロマイド4枚セット(白髪/ 黒髪・珠世・愈史郎・鬼舞辻無惨)」付)(完全生産限定版) [DVD]
【Amazon.co.jp限定】舞台「鬼滅の刃」(オリジナル特典:「アザーカットブロマイド4枚セット(白髪/ 黒髪・珠世・愈史郎・鬼舞辻無惨)」付)(完全生産限定版) [Blu-ray]


Advertisement


舞台/ミュージカルカテゴリの最新記事