刀剣乱舞 むすはじ 4DX 2回目 感想 タイトルの意味 キャラ別ペンライトの色

刀剣乱舞 むすはじ 4DX 2回目 感想 タイトルの意味 キャラ別ペンライトの色

刀剣乱舞 ミュージカル劇場上映

結びの響、始まりの音 むすはじ2回目行ってきました!

今回はさに友さんを誘っての参戦です。

前回の記事はこちら。

Advertisement

前回は持っていなかったペンライトも持参。


見た目が可愛いです。

和泉守兼定 Pale blue green 浅葱(あさぎ)

堀川国広 White 白(しろ)

陸奥守吉行 Marigold 柑子(こうじ)

長曽祢虎徹 Orange 橙(だいだい)

巴形薙刀 Pale blue 薄浅葱(うすあさぎ)

大和守安定 Light Blue 淡青(うすあお)

何で刀剣男士なのにカラーは洋名なんだろって思って、和名つけてみました☆

キャラとは関係ないですが金春色って色名が可愛いなって思いました。こんぱるいろ。

水色っぽい色です。花浅葱も可愛い。

花浅葱は浅葱より濃いめの青緑です。

Advertisement

きよしのペンライトと並べてみました。

この前の記事で、バレないかも!?て言いましたが、バレそうですね(笑)

2回目を見に行くにあたり、むすはじの好きな曲を何度も聞きました。獣とか。

前に紹介した兼さんアクセもつけて、気分上げて行きましたよ♪

前に見たときに獣のSay 押忍!!のところで声だしてペンライト振ってる人がいたので真似してみました。

ライブとか、予習も何もせずに行くのでいつも近くの人の動きや掛け声を真似してます(笑)

兼さん呼びも全部したし、黄色い声出して思いっきり楽しみました。

Advertisement

「俺が主に見惚れてたのかな?」

「俺だって たまには食べたい 団子」

はもう何度でも見たいです。

今回は安定の殺陣が好きだなって気付きました。
小回りが利いていてかっこいいです。

陸奥守の銃捌きは見る度にいいなって思います。

銃声が鳴るのかっこいい。
フェイシャル・エステ体験【エルセーヌ】


巴の豪快だけど美しい戦い方も好きで、足で薙刀を手元まであげるとことがとても良いです。

国広の「遅いよ」のところゾクゾクする。

長曾根さんはごめんなさい。いつも胸元を見てしまいます(笑)

むすはじは歌も大好きで。

どれもいいですがMillion Melodiesが特に好きです。

倒れる終焉の兼さんの歌声の美しさには聞き惚れます。

Secret Signのダンス最高です。

生で見たいです早く。

比じゃないくらい叫びまくると思います。

2部だけでもまだ上映続けて欲しいです。少なくとも月一で見たい。

Advertisement

ペンライトちょっと使いづらくて、点かなかったりするし下にあるの押しづらいのできよしのみたいに横についてればいいのになぁと思います。

ただ外観を少し損なうので、それが嫌な人もいるかも。

横だと親指でぽちぽち切り替えられて楽なんです。片手に複数持つ場合は下にある方が楽かもですね。

小田原まで行きました。遠かったー。片道数時間かけてでも、もう一度見たかったのです。行ってよかった。


国府津(こうづ)駅に着いたら山と海があって驚きました。え!?山ある!てまず驚いて、少し歩いたら目の前に海が出てきて海ある!てなってテンション上がって兼さん海見せてくれてありがとうって感謝までしてしまいました(笑)

劇中でも男士たちが北海道の海にいるシーンがあります。桜もいいけど、海と男士もいいなって思います。

青く霞む山々を見て、『青い山脈』が浮かんで、きよしカバー版を聞いて口ずさみながら映画館へ向かいました。

若くあかるい 歌声に
雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割桜
きょうもわれらの 夢を呼ぶ

1949年に発表された終戦から4年後の曲です。

作詞は意外にも東京都出身の西條 八十(さいじょう やそ)という明治生まれの人です。

バラ色雲に旅の乙女などワードが素敵です。

Advertisement

『結びの響、始まりの音』が何を示しているのかと意味を考えたのですが、最後にむっちゃんが土方歳三を撃ったことかなと思いました。

銃声の響きが終わりでもあるし、その音が男士たちの新たな始まりでもあるのかなって。

最後にこれは序章って歌ってましたから。

最後の男士たちが修行姿(三度笠と廻し合羽に振分荷物)になるのもかっこよくて好きです。

兼さん本当に似合ってた~(*´ω`*)兼さんの刀身で羽織が持ち上がってる姿がすごく好きなんですよ。

『ちょいと気まぐれ渡り鳥』きよしのPVの中では一番好きです。

「ちょいとそこの人、急ぎ旅でござんすか。道中 気をつけてお行きなせえよ」

むすはじはこの先もずっと一番好きな作品であるような気がしてます。

でも新作もとても楽しみです。待ってます!




Advertisement


舞台カテゴリの最新記事