神保町ブックセンター 古書の聖地 7/29

神保町ブックセンター 古書の聖地 7/29

7/29に古書の聖地、神保町へ行きました。

古本といえば神保町ですよね。

映画、演劇、シナリオ、戯曲などを扱っている矢口書店。

社会学、歴史を扱っている南海堂書店。

神田古書センターには古書店の他にレコード社や、らくごカフェなどもあります。

Advertisement

今回私が立ち寄ったのは神保町ブックセンター。

1Fがカフェになっていて、置いてある本を自由に読むことが出来ます。

さらにすごいのが、飲み物や食べ物を注文せずとも、本を取り、座って読んでいいのです。

メニューが文庫の見た目をしています。こういう見た目は岩波文庫って感じがします。

中身も小説のようです。

文庫ソーダがとっても気になったので注文。

ブルーハワイが売り切れていたのでレモンにしました。

氷の代わりにぷるぷるのキューブ型ゼリーが入っていて、可愛くて美味しかったです。

食べ物はグラタンエッグトーストを。

思ったより豪華な料理が出てきて驚きました。

ボリューム満点で美味しかったです。

また神保町を訪れた際には寄りたいです。

今度はブルーハワイを楽しみたい。

プロも現場で愛用する小顔ケア

Advertisement

31日間無料!【dアニメストア】

Advertisement




グルメ/カフェカテゴリの最新記事