よみがえるバロックの画家 グエルチーノ

よみがえるバロックの画家 グエルチーノ
{4BB0218F-4DF9-4048-BC2A-4AB4AF2E1D88:01}
Advertisement
{853BCFDB-6D34-4799-BBEC-D5A2C30B5A71:01}
{9C0617A5-C949-4184-90C8-1CB2E103BE44:01}
聖母のもとに現れる
復活したキリスト
 
についてゲーテは、イタリア紀行の中で賛辞を贈りました。
この他にも色々と、グエルチーノについて語っています。 
「彼の筆の軽妙さ清純さ円熟さはただ驚嘆のほかはない」
ゲーテ

ドイツの文豪、ゲーテが好きなグエルチーノ。
グエルチーノは、ほぼ独学で絵画を学びながらも、非常に早熟で、20代初めの頃に描いた
 
聖母子と雀
 
では、完成された技術を発揮しました。

個人的には、
 
放蕩息子の帰還
 
が好きでした。

 
二人の息子に財産を分けたところ、弟は家を出て贅の限りをつくし、財産をすべて使い果たしてしまいます。
 
後悔した息子は父に許しを請うため、家に帰ります。
 
そんな息子の帰還に父は喜び、豪華な衣装を与え、祝宴を開きます。
 
それに対し兄は怒りを顕にしますが、父は
 
「死んだはずのものが生き返り、いなくなったはずのものが帰ってきたのだ」
 
と兄をなだめました。
{FA905C01-9287-4130-B7CB-0ADFEAD415DC:01}
エンデュミオン
 
もストーリーが素敵でした。
怖いけど。
 
純潔と狩猟の女神であり、月の女神であるディアナは、
 
眠っている美青年、エンデュミオンに一目惚れします。
 
しかし神である自分と違い、
 
人間であるエンデュミオンは年老いてしまいます。それを嘆いたディアナは、
 
神にエンデュミオンの永遠の若さを懇願します。
 
願いが叶えられる代わりに、エンデュミオンは永遠の眠りにつきます。
 
そしてディアナは毎夜、彼の傍に寄り添うのでした。
 
{89A67BF2-ECB1-4997-8BE6-F9B9FEC3E2FB:01}
ゴリアテの首を持つダヴィデ
 
も良かったです。
勝利を天に感謝し、涙ぐむようなダヴィデの表情に引込まれました。
 
なんか面白そうなのないかなーってチケット眺めて選びましたが、久々に充実した展示会を見られました!
{C2B2A9E4-A64B-4BDD-A62B-A7E8DFCD2D91:01}
{6F93C570-32C6-4006-8165-0DC7D25CBFB3:01}
{316226F0-E38E-4F3F-9635-34C4C665431C:01}
Advertisement
{07123989-5AD4-41B9-8DF7-EEB668D217E7:01}
マスクメロンのアイス。果肉入りだよ~。
Advertisement

全身医療脱毛美容クリニック

Advertisement




エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ
モデル達に絶賛!モデル達の脚を作ったコースです。


展覧会/ストアカテゴリの最新記事