舞台どろろ観劇3回目 前々楽 感想【カーテンコール挨拶】

舞台どろろ観劇3回目 前々楽 感想【カーテンコール挨拶】

平成版 舞台どろろ観劇3回目行ってきました。

感想ネタバレありです。

Advertisement


観劇前に中華料理食べました。
麻婆豆腐が辛かったです。写真は点心と四川のマーラー水餃子

ドリンクはグレープフルーツとライチベースのカクテル『楊貴妃』

昨夜もパルフェタムールのカクテルを飲みました。

パルフェタムールはお花で香り付けされている紫色のリキュールです。

主に薔薇と菫が使用されています。

『パルフェ・タムール』はフランス語で「完璧な愛」という意味で結婚式で飲まれたりもします。

パルフェタムールを使ったカクテルはブルームーンなどがあります。

今日で生の観劇は最後なので景気付けに飲みました。

眠くなって中華店でちょっと寝てしまいました。

Advertisement

観劇3回目感想 ネタバレ有

今回は今までで最も前方で見ました。

1桁台の列です。ただ端だったので、キャストが床に座っていると、ライトが邪魔で見えない時がありました。

あと段差が小さいので前の人の頭で見えにくい時がありました。

3列目くらいまでだったらかなり前なのでそんなこともないかもと思います。

ただ、私としてはベスト席でとても感動して今までで一番泣きました。

一番泣いたのはカーテンコールの時で、涙が止まらず。今日は前々楽ということもあってか、カーテンコールが3回あり、百鬼丸役の鈴木拡樹さんから2度目の挨拶もありました。

また最後に記載します。

Advertisement

3回目にしてやっと書き忘れていたことを書けます。

また例によって有澤多宝丸贔屓気味です(´ω`)

そして台詞やシーンは正確ではありません。

でも今回は以前より他のキャストもさらに細かく見れたのでそれについて書いていきます。

忘れてたこと

百鬼丸と多宝丸が戦うところで多宝丸が「母上もぜんぶ百鬼丸が取った。だから奪い取る」と言うところ。

舞台ビジュアルのキャッチコピー『全てを、奪い取れ。』に繋がるのかなと思いました。

百鬼丸は奪い返す方なので、多宝丸視点で多宝丸がもう一人の主人公とも言えるストーリーなのかもしれないと思いました。

前回より良く見えたところ

1回目 1階席 前方ブロック 2桁列
2回目 1階席 後方ブロック ほぼ最後列
今回 1階席 前方ブロック 1桁列

見え方がどれも全く違いました。

やっぱり1桁台は迫力がすごいです。

役者の表情を肉眼で見れること、音響が耳に響くこと、細かい部隊道具に目が行くなど。

2回目までは気に留めていなかった脇役の表情やカラス、アンサンブルの旗などが目に入るようになりました。

それと主要キャストの表情。

百鬼丸と戦っている時に歯をくいしばる多宝丸、三郎太と戦っている時目を見開いて口をカーッ!と開ける百鬼丸が目に焼き付いています。

鈴木拡樹さん、カーテンコールの時は穏やかな表情でお綺麗なお顔をしていらっしゃるので、目を取り戻す前の演技とのギャップが物凄くて圧倒されます。

お面を付けている時の戦いで首をくるりと回すところがからくりっぽくて好きです。

そしてやっぱり醍醐景光と琵琶丸の戦闘がかっこよかったです。

景光は悪役だしかっこいいと思うなんて!と思いつつかっこいいなーと見てしまいます。

前も言いましたけど濃いめのお顔が素敵です。みよくは松潤とか北村一輝さんのお顔がとても好きです。

そういえば嵐のコンサートチケット落選しました!1公演しか申し込まなかったので無理だろうなとは思ってましたが一度も行ったことがないので悲しいです。


まだDVDすら見たことないです。

舞台の話に戻ります。

百鬼丸と多宝丸が対決する時に多宝丸に青いライトが当てられていて、ちょうどいい角度で逆光になっていたので神々しく見えました。

これから天に行ってしまうのだなぁと。

刀を目に刺す多宝丸が背後からだとより刺している感じに見えました。

多宝丸が倒れた時の百鬼丸の「多宝丸!」が前より強めに感じました。

前はもっと「多宝丸…」と起こったことを受け止めきれていない様子に見えました。

その日によって演じ方を変えているのかなと思いました。どちらも好きです。

多宝丸の眠ったお顔が近くで観れたことは幸せでした。微かに微笑んでいたような。

Advertisement

上手側に座っていたのですが、多宝丸好きなら上手はとても嬉しい席だと思います。

よく来てくれます。百鬼丸もよく見えたので、百鬼丸好きにもいいと思います。

お顔がよく見えました。

例の池のシーンはがっつり水音してました。何で気付かなかった?と思うくらい。

池に尻餅ついてる多宝丸を想像すると美しいです。鳥の鳴き声も聞こえます。

この時に多宝丸がちょうどこちらを向いていてもしかしたら目が合うかもと思ったのですが視力が足りなくてよく見えませんでした(笑)

遠くの文字は読めるのに人の表情って見えづらいんですよね。

Advertisement

あと百鬼丸と多宝丸が戦って決着がついた時にキラキラとした紙吹雪が舞ってくるところ。

あそこ最高です。綺麗なんですよその光景が。

3回目にしてやっと紙吹雪が見えました。

それと細かいところですが多宝丸の前の紐が解けているところ。荒々しく戦っている感じがして好きです。

三郎太のことがさらに好きになった回でした。

槍使いって大変そうと思いました。長い槍を相手に当てないようにしてるのだろうなと考えました。

前回の感想でも書きましたが妖怪と融合して戦うところも大変そうですし、すごいなーと見てました。

助六が上手を通った時に客席側を向いたのでよくお顔が見えたのですが改めて可愛いと思いました。

可愛いといえばどろろ。どろろの声が本当に可愛いなぁと思ってました。

多宝丸に担がれてるところも可愛いです。そして毎回羨ましくて私も運ばれたいと思ってしまいます。運び屋。

Advertisement

鈴木拡樹さんの挨拶

3度目のカーテンコール

スタオベ来た!て思って立とうとしたら挨拶だったので、近くの人とやっちゃったーってなりました(笑)

目を合わせて立とうとしたんですよ私たち(笑)

合わせてくださったお姉さん、ごめんなさい!お気持ち嬉しかったです。

さて百鬼丸役、鈴木拡樹さんのカーテンコール挨拶です。

「すみません、求めてるみたいになっちゃって。東京公演も残り1日となりました。福岡、三重公演もあります。まだまだ続きますのでよろしくお願いします。」

こんな感じでした。

今回は覚えてましたよ!相変わらず後ろの多宝丸に見惚れてましたけど(*´ω`*)

前回の失敗を教訓に頑張って意識を戻してました(笑)

ただでさえぼーっとしやすいしカクテルも入ってたので。もう観劇前に飲むのはやめよう。

Advertisement

今日は東京公演千穐楽

今日は東京公演千穐楽です。

昼公演からDVD、Blu-ray用の撮影が入り、夜にはCSと全国の映画館で生中継されます。

ライビュ(ライブビューイング)チケットはまだ購入できます。

ライビュというジャンル自体楽しいのでご興味ある方にはおすすめです。

以上、観劇3回目、前々楽の感想でした♪

2回目 アフタートーク付感想
1回目 東京公演初日感想

31日間無料!【dアニメストア】

Advertisement




舞台/ミュージカルカテゴリの最新記事