ジャンデュボ ライヨール バターナイフ 感想 ラギオールナイフとの違いを解説

ジャンデュボ ライヨール バターナイフ 感想 ラギオールナイフとの違いを解説

ジャンデュボ ライヨール バターナイフ 感想 ラギオールナイフとの違いを解説です。

Advertisement

Jean Dubst Laguiole

カマンベールチーズが好きでよく買うのですが、切れてない方を切るのに欲しくて買いました。

ミルクが欲しかったのですが売り切れていたのでピーチにしました。可愛いです!

チーズナイフならミルクがありました。

このバターナイフはちょっとしたフルーツやチーズも切れるということで買いました。

フランス製で、創立1920年です。

フランスのティエールという町で生産されているライヨールナイフは、200年の歴史があります。

ティエールはドイツのゾーリンゲンに並ぶ刃物の町です。

柄にはミツバチがついています。ハエという説もあります。私にはセミに見えます。

由来は諸説あります。

Laguioleは方言(発音)の違いで、ラギオールとも読みます。

そのため、ラギオールナイフとも呼ばれます。

Advertisement

ラギオールという小さな村があり、そこでラギオールナイフは生まれました。製造はティエールで行われています。

シャトー・ラギオールというソムリエナイフで有名なブランドがあります。

発音の違いと説明しましたが、ラギオールナイフと、ライヨールナイフは別物です。

ラギオールもライヨールも名称の特許は存在しないため、多くの会社がうちが本物のライヨールナイフですと競っています。

ラギオールとして販売している会社とライヨールとして販売している会社があるため、ライヨールナイフとラギオールナイフは同じとは言えません。

Advertisement

複雑な事情があるナイフですが今回私が購入したのはライヨールナイフでした。

早速、切れ味を見てみました。

本来の使用方法であるバターでさっくり。

よく切れました!取り扱い注意です。カマンベールチーズもしっかり切れました。

ブレッドナイフが大人気です。

カラーバリエーションが豊富で可愛いブランドです。贈り物にも喜ばれそうです。

いつもの食事シーンが華やかになりますね。


Advertisement


お役立ち情報カテゴリの最新記事